◆剣友会紹介

1.上平井剣友会

 昭和43年設立の伝統ある剣友会です。

 剣道は、単に勝ち負けを決する競技ではなく、練習や試合を通して、礼儀を重んじ、健康な身体と健全な精神力を養成する事を目的としています。
 上平井剣友会もこの精神に則り、一人でも多くの子供が剣道の魅力にひかれ一生剣道を続けてくれることを望み、毎回熱気あふれる稽古を行っております。 

 

『稽古場所』
 葛飾区立上平井小学校体育館 (葛飾区西新小岩4-22-1)

『稽古時間』
 毎週水曜日 午後6時 ~ 午後8時30分
 毎週日曜日 午前9時 ~ 午前11時30分
 (行事等により稽古日・場所が変更になる場合があります)
 その他:合宿稽古(7月下旬・二泊三日)、暑中稽古(8月上旬)、寒稽古(1月上旬)

『入会資格』
 幼稚園児~ ※初心者、経験者を問わず入会できます。

『会費』
 入会金:2000円 / 月会費:1000円(会費200円+賛助会費800円)

『体験入会』(無料)
 見学は自由です。1ヶ月間、基本稽古から習うことが出来ます。

syoukai_9.jpg syoukai_11.jpg syoukai_12.jpg syoukai_10.jpg
syoukai_13.JPG syoukai_14.JPG syoukai_15.JPG syoukai_16.JPG
syoukai_17.JPG syoukai_18.JPG syoukai_19.JPG syoukai_20.JPG
syoukai_21.JPG syoukai_22.JPG syoukai_23.JPG syoukai_24.JPG

2.会長挨拶

 上平井剣友会は、昭和43年に青少年の健全育成を目的に地域の方々の手により誕生いたしました。
 剣道は、知育偏重になりがちな幼少年に体力の向上を図ることが出来、また稽古を通じて「忍耐力」「集中力」「判断力」を養うことが出来ます。剣道を修行する以上、技術の向上を目指すことはもちろん、「礼にはじまり」「礼に終わる」というように礼儀(礼とは感謝する気持ち)を重んじることが大切です。
 そして、子供たちには「元気」「根気」「やる気」の三つの気を養ってもらいたいと思います。私は、剣道を始めてから素晴らしい多くの師にめぐり合い教えを受けることが出来ました。このことは私にとって無常の喜びです。しかし、20年以上一緒に竹刀を交えてくれた子供たちが私の先生だと思います。

 剣道に興味のある方はどうぞ見学に来てください。1ヶ月の体験入会もあります。また、出稽古も歓迎いたします。ご連絡をお持ちしています。

 おしまいに「行く道は悟りか迷いか解からねど後振り向かず剣の修行を」

kaityo.jpg『会長略歴』

松倉 宏泰 【剣道錬士七段】

 小学校2年生から上平井剣友会に入会し、葛飾区立立石中学校、早稲田実業高等学校、早稲田大学で選手として、全中大会、インターハイ、国体、インカレ(準優勝)と、試合での実績を残しつつ、今なお剣道の本質を探究し続けています。

3.指導方針

 剣道は、単に勝ち負けを決する競技ではなく、練習や試合を通して、礼儀を重んじ、健康な身体と健全な精神力を養成する事を目的としていることから、特に次の3つのことを指導方針として指導にあたっています。

1.剣道が日常生活に生かされるように指導しています。
 (1)大きな声で挨拶できること。
 (2)両親をはじめ、目上の人や仲間を敬い、尊重する気持ちを持つこと。
 (3)辛くとも、最後まで頑張り抜く強い精神力や忍耐力を養うこと。
 (4)自分で考え、行動できること。(判断力・自主性・行動力)
 (5)部員相互が切磋琢磨し、自分に足りない精神的強さや技術面などを自ら学び、習得すること。

2.基本に重点を置いて指導しています。
 他のスポーツにも共通していることですが、基礎・基本が身に付いていないと上達は望めません。まず、剣道の基本的な動作や作法が正しく身に付くよう、繰り返し指導しています。

3.経験年数・年齢(学年)・技量等にあった指導をしています。
 当剣友会は、OBや先生方も一緒になって練習を行う恵まれた環境の中での練習であり、初心者・小学校低学年および高学年・中学生のグループなどに分け、その上達の度合いや技量に応じて全員が熱意をもって指導にあたっています。(剣道五段の女性指導者もいます)

4.指導員

 上平井剣友会指導部は、七段(8名)六段(2名)他多数の有段者がもと立ちになり、毎回熱気あふれる稽古が行われております。
 試合重視の風潮がありますが、勝負にこだわわらず打ち返し・かかり稽古に多くの時間を費やしています。
 一人でも多くの子供が剣道の魅力にひかれ一生剣道を続けてくれることを望んでいます。